フリスタFXの評判は最悪!チャートマスターの商材は購入するな!

  • フリスタFXが全く勝てないって本当?
  • チャートマスターの評判が最悪って本当?
  • ささっちFXがFXで稼いでいないって本当?

この記事を開いているあなたは、「フリスタFXやチャートマスターの評判ってぶっちゃけどうなの?」と考えているはず。

結論から言うと、フリスタFXもチャートマスターも評判は最悪で、絶対に商材を購入すべきではない

フリスタFXを販売している株式会社チャートマスターの根崎優樹は、過去に行政処分を受けていたり、経歴がとても怪しい事で有名だ。

また商材自体の評判も非常に悪いだけでなく、良い評判がない。

そのためフリスタFXでは勝てない可能性がとても高い。

もしあなたがフリスタFXを購入してしまえば、

  • 別の商材の勧誘が多すぎて迷惑
  • 高額な資金を払ったのに全く稼げなかった

といった事態になりかねない。

そのためこの記事を読み、フリスタFXはなぜ購入すべきではないのか、またチャートマスターや根崎優樹の商材を何故購入してはいけないのかを理解して欲しい。

1. フリスタFXは株式会社チャートマスターが販売する情報商材

フリスタFXは株式会社チャートマスターが販売する情報商材だ。

しかしこのフリスタFXを販売する株式会社チャートマスターに関しては、よくない評判が非常に多く見られる。

金融庁から行政処分をを受けたチャートマスターの元副社長。赤本という商材を本名で発売。トレード利益で家買ったって言うのは、???

ささっちこと笹田

商材根崎優樹の元ブレーン副社長

http://chart-ma.com/keizoku/open/

その会社チャートマスターは金商資格を持ってるも過去に行政処分された会社

http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp033000066.html

フリスタFXを販売している株式会社チャートマスターについての評判の中には、過去に行政処分を受けたとの評判が見られた。

実際に金融庁のアーカイブには、チャートマスターに対して行政処分が行われたとの報告書が資料として残されている。

金融庁の報告資料によれば、株式会社チャートマスターが行政処分受けたのは、以下の2点が理由とされている。

  1. 無登録で店頭デリバティブ取引の媒介をした
  2. 無登録業者に名義貸しを行った

証券会社が顧客を勧誘することは禁止されている。

そのため第三者が顧客と証券会社の契約を媒介することがあるが、その際にはそれを生業とするとして登録をしなければならない。

しかしチャートマスターは無登録なまま、証券会社と顧客の間を取り持ち、それによって利益を得ていた。

この背景にあった実態としては、

  1. チャートマスターが自動売買ソフトを売りつける
  2. 同時に証券会社の口座を作らせる
  3. 口座開設に応じて証券会社から利益を受け取る

ということを無登録なまま行ったため、法律違反に該当したようだ。

本来投資助言行為などによって利益を得るためには、金融商品取引業の登録が必要となる。

しかしこの登録を行っていない会社にチャートマスターの名義を使わせ、投資顧問契約を締結させ、投資助言行為をしていた。

この行為は金融商品取引法に違反しているため、行政処分を受けたようだ。

これらの違反を犯した結果、チャートマスターは業務停止命令と業務改善命令という行政処分を受けてしまった。

株式会社チャートマスターに対する行政処分について:財務省関東財務局(Internet Archive)

過去に法律違反を犯して行政処分を受けているような会社である以上、信頼することはできないだろう。

またネット上では過去に「絶対勝てる」といった勧誘方法を行ったことで、勝てなかった顧客から訴訟を受け、その裁判では敗訴してしまったとの記述も見られる。

そのためあなたがチャートマスターの商材であるフリスタFXを購入したとしても、高額な商材費を払わされるだけで稼げない可能性のほうが高いだろう。

また株式会社チャートマスターという会社自体も、あまり信頼できる会社とは言えない。

2. フリスタFXの評判からわかった3つの悪い評価

フリスタFXは株式会社チャートマスターの根崎優樹が販売しているFX情報商材だ。

もしこの商材で勝てる手法が紹介されているのあれば、簡単に大金持ちになることが出来るだろう。

だがその一方で、もしこの商材が勝てない商材であるのなら、購入しても意味はない。

むしろ高額な商材費だけを払わされ、結果として大きな損失が残るだけだ。

そのため実際にフリスタFXが勝てる商材なのか、それとも勝つことのできない商材なのか、口コミや評判からわかったことを紹介する。

フリスタFXの口コミや評判からわかった実態は、以下の3つだ。

2-1. 宣伝に必死過ぎる

最近youtubeで根崎のCMが目立ちだした。

また被害者が増えるんだろうな。

YouTubeで宣伝してるよ

詐欺師に騙されないように

YouTubeにCM流すって、根崎さん商売必死すぎじゃないの?トレードで絶対勝ててない人だわ。

株式会社チャートマスターはフリスタFXのCMをYouTube上で流しているようだ。

ただしその宣伝広告の多さや、必死さが理由で、果たして本当に売れている商材なのかどうかを疑問に思われているようだ。

なぜなら本当に勝てる商材ならば宣伝をせずとも口コミや評判で広がる上、売上は伸びる。

しかし宣伝をしなければ購入されない、見向きもされない商材であるのなら、商材の質が悪いために誰も購入していないと考えられる

そのため宣伝を必死にしているフリスタFXは、決して優良な商材だとは言えないだろう。

むしろ宣伝に必死である分、購入者にとっては使用感が悪く、全く売れていない可能性のほうが高い。

2-2. 良い評判が一つもない

フリスタFXの評判はそもそも少ないが、その中でも良い口コミや評判は一件も見つからない。

良い評判や口コミが見つからないということは、良い商材だということは一切証明できないことになる。

また良い評判のない商材を買う理由はどこにもなく、リスクでしかなくなる。

そのため良い商材とも言えない、良い評判すら無いフリスタFXを購入するのは控えたほうが良いだろう。

ただしフリスタFXではなくチャートマスターに関しての評判では、

  • 実際に稼げた
  • 勉強になった

という評判も見られた。

ただしそれらの評判には取引履歴のような証拠が提示されていないため、自作自演の可能性も否めない。

そのため現時点でフリスタFXで実際に稼いだという証拠が提示された状態で、良い報告をしている人は見受けられない。

もしあなたがフリスタFXの購入を検討しているのなら、誰一人としてポジティブな証拠を提示できていないという事を理解しておくべきだろう。

2-3. 本当に勝てるなら商材にはしないはず

YouTubeにCM流すって、根崎さん商売必死すぎじゃないの?トレードで絶対勝ててない人だわ。

詐欺まがいな事してまで金を稼ぎたい奴は、全くトレードで稼げてないんだろうなぁ

って言ってるのと同じだよね(笑)

フリスタFXに関する評判の中には、「勝てるのなら商材にしない」という評判が見られた。

FXは勝者が増えれば増えるほど敗者が増えるようにできている。

そのためもしフリスタFXで勝ててしまうのなら、商材として売り出すことは敵を増やすことに繋がってしまう。

つまり勝てる商材を売ることは、自分の負ける確率を高めることに等しいのだ。

そのためFXで勝てる手法があるのなら、よほどのことがない限り他人に教えることはありえない

加えて勝てるトレード方法であるのなら、商材にせずともトレードのみで稼ぐことが出来るはず。

つまりFXで勝てる手法を商材として販売するということは、

  1. 勝てない方法だから教えても問題がない
  2. その手法で稼いでいるのではなく商材費で稼いでいる

というどちらかになる。

したがって商材として売られているトレード手法では、勝てないようにできているはずなのだ。

もしも勝てる手法なら教えるメリットが一つもなく、むしろ損失にしかならない。

そのためFX商材の購入を検討している場合は、勝てる手法なら絶対に教えないし商材にしないということを頭に入れておこう。

3. フリスタFXを販売する根崎優樹の怪しい3つの実態を暴露

フリスタFXは評判が悪いだけでなく、良い評判や実績の証拠も見つからない。

だが評判が悪いのはフリスタFXだけではない。

フリスタFXを販売している株式会社チャートマスターの根崎優樹に関しても、多くの悪評が見られるのだ。

もしもフリスタFX以外の商材購入を検討している場合、その販売者である根崎優樹がどのような人物なのか、信頼に値する人物なのかを知っておこう。

根崎優樹についての口コミや評判などからわかった彼の実態と人物像は、以下の3点だ。

3-1. 経歴が怪しい

本当にアメリカでFXを本気で学んだのかも疑わしいですね。本当に実力があるのなら素直に販売すれば済む話でしょうけど

行政処分喰らってもなお立ち上がってくるとは、ある意味素晴らしい

今度やらかしたら、次こそ永久追放になっちゃうよん

騙されて参加費払っちゃった人は、何とかして返金してもらった方が身のためかと。

人を見た目で破断してはいけせんが、根崎優樹がそこまでの経歴を持ってるようには見えないんですよね。

写真見る限り、とても代表取締役には見えませんwww

実物見た人いますか?

フリスタFXを販売している根崎優樹は、自身がアメリカの投資系スクールである「CFG」を卒業したと自称している。

ただしこのCFGを卒業したのかどうか、また本当にCFGが投資の実力を身につけられる学校なのかどうかも疑問だ。

実際にCFGのレビューサイトを見てみると、評価は星5つ中1.2。

また書かれているレビューも散々なものばかりだ。

その中ではCFGを詐欺だと怒っているユーザーや、質の悪いさやレベルの低さを酷評しているユーザーが数多く見られる。

また一部ではCFGをが詐欺ではないとしているものの、投資の世界に興味を持った人たちを食い物にし、有名なテクニカル分析の手法やFXの知識を教えているだけだといった口コミも見られる。

さらには教えてもらったトレード手法が実際に使えるかどうかを尋ねると、一切回答してもらえないといったこともあるようだ。

そのためこのCFGで教えてもらえる知識があれば、実際に利益が出るかどうかは全く不明だ

加えてレビューサイトも2008年以降書き込みがほとんどなく、ホームページの更新も2009年でストップしている。

そのため現在サポートされていないフラッシュ形式のファイルが、そこら中でエラーを引き起こしている。

またCFGについてTwitterで検索すると、出てくるのは海外のスパムツイートもしくは根崎優樹に関連したスパムツイートのみだ。

したがって根崎が卒業したとしているスクールは投資の知識を教えるだけのスクールであって、技術や実力を身につけられる学校ではない。

そのためCFGを卒業したと言うだけで実力があると謳っている根崎優樹のことは、信頼すべきではないだろう。

また彼のように海外の大学やスクールを卒業したと自称している場合は、その実態を調べてみると騙されてしまう可能性を事前になくせるはずだ。

3-2. インスタの画像がフリー素材

根崎優樹がインスタグラムに投稿している画像の中には、

  • 札束
  • 高級腕時計
  • 高級感のある部屋
  • 海外の綺麗な景色

といった写真が多く投稿されている。

こういった写真が投稿されていることで、

  • 本当にFXで稼いでいるんだ・・・
  • 多額の資産を保有しているんだろうな・・・

と感じてしまうかもしれない。

しかしこれらの画像は、全てネット上で公開されているフリー画像なのだ。

根崎優樹が投稿している写真を画像検索にかけると、フリー画像のページがヒットする。

そしてそこには彼が投稿しているはずの画像が多く掲載されていた。

つまり根崎優樹が投稿している札束や景色の写真は、その多くがフリー画像であり、彼が稼いだお金で実現した状況を写した写真ではない。

そのためこれらの写真を信じてしまい、彼の商材や情報を鵜呑みにしてしまうと、痛い目にあってしまう可能性が高いだろう。

もしあなたがこのような景色に憧れていたとしても、必ず画像検索を利用してフリーの画像でないかどうか調べるようにして欲しい。

3-3. ルール違反を理由に仮想通貨サロンを追放されている

根崎優樹は去年ちゃっち倶楽部という仮想通貨サロンに在籍していました。そこではマスターというHNでサロンメンバー相手に隠れてチャートマスターアカデミーへの勧誘等の商材屋活動をしていましたが、あまりにもやり口が汚かったためサロンを追放されました。その後も懲りずに現、元メンバーにDM送ったりツイッターで絡んだりしながらカモを物色しています。根崎は質問や異議申し立てをすると逆ギレして馬事雑言を浴びせかけた上で逃走するのが常套手段ですが、それらの行為は投資助言法で禁止されているはずです。被害にあわれた方は証拠となるメールやDMでのやり取りを添付した上で金融庁に報告することをお勧めします。

現在、根崎優樹は「マスター」というアカウント名でTwitterを利用している。

そしてそのハンドルネームである「マスター」を名乗り、仮想通貨サロンにて違法な助言行為を行っていたようだ。

またその悪質さから、当該サロンを追放されてしまっている。

勧誘のためにわざわざ仮想通貨サロンに加入したり、そこで追放されるほど悪質な勧誘を行っていたということは、信頼性の面ではかなり気をつけるべきだと言えるだろう。

またYouTubeの宣伝同様、そのようなところで必死に勧誘をするということは、人気のある、売上のある商品を出すことができていないと考えられる。

そのためあなたが根崎優樹の商材を購入しようとしているのであれば、根崎優樹も、その商材も、決して信頼できるものではないことを知っておくべきだろう。

4. 「ささっちのトレード大学チャンネル」はチャートマスターのFX情報商材屋

有名なFX系YouTuberの一人に、「ささっちのトレード大学チャンネル」というユーザーがいる。

彼の登録者数は5万人以上で、FX系YouTuberの中ではかなり有名な部類だ。

彼はFXによって得た利益のみでマイホームを購入した、と自称している。

しかし彼の実態はFXに関する情報商材を販売している商材屋なのだ。

「ささっちのトレード大学チャンネル」の本名は笹田喬志で、株式会社チャートマスターの社員の一人

また以前にチャートマスターが行政処分を受けた時の社員でもあるため、彼は過去に行政処分を受けているということになる。

さらにYouTube上では商材を販売していることを公表していないものの、ネット上では彼が商材屋だと突き止めている人は少なくない。

■著者、ささっちとは

もともと、彼は情報商材「赤本FX」という高額な情報商材で小銭を稼いでいた商材屋出身です。

残念ながらこの時点で、信頼度が落ちてしまいます。

最近はキャラチェンして、優しさあふれるFX動画をYouTubeに投稿し、視聴者を獲得して人気を得ています。動画で言っていることはマトモですが、抽象的、後付解説も多く、過信は禁物です。

彼が得意とするスナイプトレードは、素人にも分かりやすい一方で奥が深く、簡単ではありません。

機械的に攻めても勝率87.5%はありえません。事実、ごく稀にSNSに投稿されるささっちさんのリアルタイムトレードは、損切りにあってます。本人ですらそのような状況なわけです(SNSの投稿自体も、リアルタイムだろうがなんだろうが捏造し放題なので過信はできませんが)。

一方で、一つの手法に特化して極めることは、私も賛成です。強みが1つあるだけで、トレード成績やメンタル面は大きく変わってきます。コロコロ聖杯を探し求めているようでは絶対に勝てません。

しかし、極める手法は本当にこれで良いのか?

ささっちさんを全面的に信じて極める覚悟はあるか?

しっかりとご自身で見極めて、FXに向き合うことをオススメします。

ちなみに私は、この手法で食っていけるとは思っていません。

巷によくある、トレードでは勝ってないであろう謂わゆる情報商材師が書いた本。Youtubeも熱心にやられてるとのことだが、そもそもトレードでしっかり勝ってる(本人はそれだけで家建てたと豪語)なら、それに比べてほんのわずかな広告収入や印税のために自分のトレードノウハウを公開することに何のメリットがあるのか。

「ささっちのトレード大学チャンネル」がFXで稼いでいる可能性は低く、彼も根崎優樹同様FXではなく情報商材で稼いでいる可能性が高いのだ。

また彼だけでなくFXに関して有益な情報を発信しているインフルエンサーやYouTuberは、その多くが広告収入や情報商材の販売を目当てとしている

そのためFX系のインフルエンサーをチェックするときは、彼らはメリットがないことをしているのだという点を念頭に置き、常に疑いの目で見るようにしておこう。

まとめ|フリスタFXは購入してはいけない

フリスタFXは株式会社チャートマスターが販売している情報商材だ。

だがその評判は総じて良くないものばかり。

また株式会社チャートマスターは過去に行政処分を受けている。

さらにはフリスタFXの評判のみならず、チャートマスターや商材を販売している根崎優樹の評判もかなりひどいものだ。

そのためあなたがフリスタFXの購入を検討しているのなら、絶対に購入すべきではないだろう。

この記事を読んだあなたが、悪徳情報商材やFX系YouTuberのワナにひっかからないことを祈っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です