運営者の想い「情報商材に騙された私が、大切なたった1つのことに気づくまで」

FT3(Forex Tester3)はFXで使うな!知らないと損する2つのデメリット

  • FT3って実際どうなんだろう?
  • FT2と比べるとどこが有利?
  • 実際の利用者からの評判は?

おそらくこの記事を読んでいる方の多くは、FXの検証ソフトを探していて”FT3”というFX検証ソフトが気になった方では。

結論からいうとFT3は有料ツールの中でも料金が割高であり、

  • ソフト自体の価格が高い(定価:29,700円)
  • 実際に利用されているFXトレーダーの評判も悪い
  • FT3日本代理店のサポートが悪い(問い合わせても音信不通)

という3つの理由から、正直おすすめできるトレードシュミレーションソフトではない。

FT3を仮にFX初心者が利用したとすると、最初の初期費用が高い上にソフトに関するトラブルが出てきた際には、カスタマーサポートが期待できない。

そのためトラブルも個人で解決しなければならないので大変だ。

この記事では実際の利用者の評判から判明した、2つの隠れたデメリットについても詳しく解説している。

この記事を最後まで読めば、あなたが本当にFT3を利用すべきかどうか判断できるだろう。

1.FT3(Forex Tester3)とはFXトレードシミュレーションソフト

FT3(Forex Tester3)は2006年にリリースされた為替検証ソフト。

開発元は”Forex Tester Software社”となっており、ソフト自体の価格は29,700円(税込)と他の類似商品と比較すると割高である。

Forex Tester自体はシリーズ化されており、前シリーズであるFT2の利用者であれば必ず一度はFT3へのアップデートを検討するはずだ。

ただ、FT3に関してはシステムに関する不具合やMac OSに対応していないことなどから、プロの間でも”利用はおすすめしない”といっているトレーダーも多数いるのが現状だ。

デモバージョン

項目詳細
データ期間(1か月間)データは、任意の期間の1か月分のデータのみデモ版として使えます
テストの時間制限継続して30分以上は使用できません。
30分継続したら再度、起動し直すと使用できます
テストデータの保存ご利用になれません
テンプレートの保存ご利用になれません
その他の機能ご利用可能です

フルバージョン

項目詳細
データ期間(1か月間)無制限(16年分の無料データ + すべてのカスタムデータ)
テストの時間制限テスト時間は無制限となります
テストデータの保存テストデータを複数保存し、いつでも簡単に呼び出してテストを再開できます
テンプレートの保存ご利用可能です
その他の機能ご利用可能です

推奨動作環境

項目詳細
OS・Windows 2000、2003、XP、Windows Vista、 Windows 7、Windows 8/8.1、 Windows 10で動作します。
・Macオペレーティングシステムでは動作しませんが、Windowsエミュレータの下では動作します。ただし購入の前に動作を確認してください。
プロセッサ(CPU)600 MHz Pentium IIIまたは同等以上。 
推奨 1500 MHz以上。
メモリ128 MB RAM以上。 
推奨 512 MB RAM以上。
ディスク容量インストール時100 Mbインポートデータ用2~5Gb(データの大きさによる)

2.FT3(Forex Tester3)に関するネット上での口コミ・評判・体験談

今までFX検証ソフトの中でも特にFTシリーズは評判が良いとされてきた。

しかし、いくらFT3を始めとしたFTシリーズが良いと言われても、実際の利用者がどう思っているのかを知る必要性がある。

なぜなら実際に良いと言われているFX検証ソフトの多くは、海外会社が開発しものであり、多くのソフトで過去に不備が見つかっているからだ。

FT3に関する評判や口コミを総合的にみて結論をまとめると、上級者トレーダーには比較的批判されている意見が多くみられた。

ただ、以前からFT2を利用されていたトレーダーの中には、アップデートして新しくFT3をそのまま利用している方も多い。

FTシリーズはキャンペーンを実施している時期もあるので、価格が高いと感じる方はタイミングをみて購入するのも一つの手だといえる。

2-1.FT3(Forex Tester3)に関する悪い口コミ・評判・体験談

FT3に限らずFTシリーズはMac OSに対応していないので、WindowsPCを持っている方に利用が限られます。

MacPC保持者からしたら、これはちょっと不便ですね。

FT3に限らず基本的にFX検証ソフトは、過去のデータを元にスピーディーに検証が行えるのが大きな特徴。

なので、リアルな損切りの練習にはならないですね。

FT3の導入には最低でも3日間程度かかるので、ソフトを購入したからといってすぐに利用できるわけではありません。

FX初心者からしたらFT3を導入するだけでも、かなりハードルが高いと感じる人が出てきそうですね。

FT3を購入した日本代理店のサポートはほとんど機能していないようだ。

メールを出しても、「少々お待ちください」と言われて何日も放置される。

そしてこちらが忘れるか、呆れて諦めるまで放置される。そんなインチキ会社。

(引用元:FXで勝てない人読みなよ

FT3の日本代理店のサポートはあまり良くないようですね…。

2-2.FT3(Forex Tester3)に関する良い口コミ・評判・体験談

FT3に限らず為替トレードする際には一度、FT3などのバックテスターソフトで取引の練習を行った方が良いと言えますね。

また、国内FX業者の場合は利用する業者によって取引プラットフォームが違ったりもするので、業者が予め用意しているデモ口座を必ず触るように。

FX取引において勝率を上げるには自身のルールをしっかりと決めて、取引経験を積むことが大切ですが、その点FT3を活用することで効率的に経験値が稼げそうですね。

FT3にはデモバージョンが用意されているので、気になる方は一度無料で利用できるデモバージョンソフトをダウンロードして、実際に触ってみると良いでしょう。

3.FT3(Forex Tester3)の評判からわかった2つのデメリット

FT3の評判や口コミから分かった大きなデメリットとしては、日本代理店のサポートが機能しておらず、頼りにならないということだ。

特にFX取引などの初心者には難しい投資手法には、必ず運営側のバックアップが必要であり、問い合わせする機会は誰にでも出てくる。

FT3などの海外の会社が作ったサービスはネット上にも情報が少ないことが多いため、運営側に問い合わせすることができないと、手詰まりになってしまいかねない。

デメリット1:日本代理店のサポートがほとんど機能していない

FT3を実際に活用しているプロのトレーダーの中には、直接FT3を扱っている日本代理店に問い合わせを行った人がいる。

その結果、待てど暮らせど連絡がこなったらしいので、日本の代理店には期待できない。

ある程度の取引経験があり、今まで多くの取引検証ツールを活用してきたことがある人であれば、個人で問題解決できるかもしれないがFX初心者にはハードルが高すぎる…。

よって、FT3は取引経験が浅いFX初心者が、手を出してよい取引検証ツールとはいえないだろう。

デメリット2:MacのOSには非対応なのでMacBookでは利用不可

日本ではMacOSの普及率はWindowsOSに引き続き2番目に多いといわれているが、FT3が対応しているのは今のところWindowsOSのみ

普段からMacOSを利用されている方は、FTシリーズ自体が利用できないため検討の余地はないといえるだろう。

日本の若者を中心にMacOSの利用者も増加傾向にあるので、今後の改善に期待したい。

4.FT3(Forex Tester3)の評判からわかった2つのメリット

FT3の最大のメリットとしては、過去約20年間に及ぶのチャートが見れるということ。

FX取引において過去チャートはとても重要なデータであり、FT3のツール内では過去の情報を元に検証できる。

実際の取引において今後どのように動くのかが経験を元に判断しやすくなる上に、勝率も効率的に上げることができるので、大変貴重であるといえる。

その他、細かい設定を定めたバックテスト機能も備わっているので、自身が行いたい取引手法に合わせた練習が行えるのだ。

メリット1:FX取引の過去約20年に及ぶ過去チャートがみれる

FT3では過去約20年に及ぶチャートデータが蓄積されており、フルバージョンを購入することで無制限に利用できる。

過去データを元に取引経験が積めるので、FX初心者や中級者からしたらトレーダーとしてかなり効率的にレベルアップできるツールだといえるだろう。

FX投資において取引経験は勝つためにとても大事な要素なので、実戦で身銭を切って失敗する前にしっかりFT3等の取引検証ツールで経験値を上げておきたい。

メリット2:バックテストとして詳細な条件を加えて検証できる

FT3ではバックテストとしてFX取引における詳細な条件設定が可能となっている。

そのため、実際にあなた自身が実戦で取り組もうとしている取引手法を、テストとして過去データを元にトレードできるのだ。

詳細な条件を設定することで、様々な取引におけるバリエーションを試すことができ、より効率的に勝率を上げることができるだろう。

5.FT3(Forex Tester3)の利用をオススメできる人

FT3の利用がおすすめできる人としては、”既に過去のFTシリーズを利用している方”に限られる。

理由としては主に2つ。

  1. 利用料金が29,700円(税込)と高い
  2. 日本代理店のサポートが期待できない

この事から既にFTシリーズを利用していて扱いに慣れている人以外に、はおすすめできないといえる。

実際にFTシリーズはFT2までは利便性が高かったが、FT3になった途端に仕様が変わり利用を辞めたという人も少なくない。

その上、今では無料で使える便利な取引検証ツールも出てきているので、今FTシリーズを利用している人以外で、無理に新しく購入し利用しなくても良いといえるだろう。

6.FT3(Forex Tester3)以外のおすすめFXシュミレーションソフト

FT3はあまりにも高くて初心者には手がてない…。という現状を踏まえた上で、FT3以外のおすすめのFXシュミレーションソフトを3つご紹介しよう。

無理に最初から高額のツールを利用しなくても、今は無料で使える大変優秀なツールもあるのだ。

また、スマホで簡単にFXシュミレーションできるアプリもあるので、まずはそれらを利用してみることところから始めるのが得策だろう。

6-1.FX Blue Trading Simulator V3 for MT4【無料】

“FX Blue Trading Simulator V3 for MT4”は完全無料であり、MT4上で稼働するFXシュミレーションが行えるソフト。

完全無料ながらFT3にも劣らない機能が使えるようになっており、裁量トレードの練習には大変おすすめのツールだといえるだろう。

ただ、海外の会社が開発したツールであり日本語には非対応なので、Google翻訳機能を上手く活用しながらインストールする必要がある。

6-2.MT4裁量トレード練習君プレミアム【有料】

”裁量トレード練習君プレミアム”は、FTシリーズとよく比較されるソフトの一つであり、日本での利用者も比較的多い取引検証ツールの一つでもある。

定価は24,800円(税込)となっており、FT3と比較すると4,900円ほど割安。

キャンペーンやクーポンを上手く活用することで、最大6,000円割引の18,800円で購入も可能だ。

また、ツールとしてのスペックも申し分ないので、是非とも利用を検討して欲しい。

6-3.おまけ:FXバーチャルトレード ゲーム感覚で投資を体験 iトレFX

“FXバーチャルトレード ゲーム感覚で投資を体験 iトレFX”とは、スマホアプリ版のFXシュミレーションが簡単にできるツールの一つ。

無料で気軽に利用できる他、以外に利用者の評価も良いので是非とも一度利用してみて欲しい。

スマホで気軽にFXトレードの練習ができるので、通勤時間などを活用して効率的に取引における経験値を積むことができるだろう。

7.まとめ|FT3(Forex Tester3)は価格が高く初心者にはおすすめできない!

結論をまとめるとFT3は既にFTシリーズを活用しているトレーダーにおすすめの取引検証ツールであるといえるだろう。

理由としては、

  1. 利用料金が29,700円(税込)と割高
  2. 日本代理店のサポートが期待できない

などが挙げられた。

新しくFX取引検証ツールを利用してみようかと検討されている方で、FTシリーズをまだ利用したことがない方は、他のおすすめツールを利用した方が良い。

FX初心者の方であれば価格が高いFT3を利用するよりも、無料で気軽に活用できる“FX Blue Trading Simulator V3 for MT4”(英語必須)がおすすめだ。

また、完全日本語対応のFX検証ソフトを活用したい方は、有料版だが”MT4裁量トレード練習君プレミアム”を利用した方が良い。

逆に今現在FT2(もしくは初期版FT)を利用している方は、FT3にアップデートすることも検討して良いといえるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です