運営者の想い「情報商材に騙された私が、大切なたった1つのことに気づくまで」

FXで自殺する前に!破産者の体験から学ぶ5つの対策法・2つの回復手段

  • FXを始めたいけど破産しないか心配…
  • 実際にFXで破産、自殺した人っているの?
  • もし破産してしまった場合はどうしたらいい?

FXで破産して自殺してしまわないか心配をしているあなた。

正直に言うと、FXが原因で破産し、自殺をしてしまった人も少なくない。

そのため、破産が心配でFXをなかなか始められないと言う方もいるだろう…

この記事では、FXで破産・自殺した話から、破産する原因や対策法について詳しく解説している。

結論から言うと、この記事で紹介している「破産しないための5つの対策」について理解していれば心配ないだろう。

また、最悪FXで破産してしまった場合のために、自己破産の方法についても詳しく説明している。

この記事を最後まで読めば、破産する心配無くFXを始めることができるだろう。

1. FXで破産・自殺した人の体験談

実際にFXで破産してしまった主婦もいますね…

当時はレバレッジが50倍で取引できたので、かなりハイリスクだったと思います。

強制ロスカットで160万もの資金を一瞬で失ってしまったようです…

実際にFXで500万もの借金を作って、自己破産を選択した人もいるみたいですね。

FXでの破産について漫画で詳しく説明している動画もあります。

793 :Trader@Live!:2020/04/16(Thu) 17:45:08
FXで全てを失って電車に飛び込んだり首吊り飛び降りで自殺するやつなんてごまんといる
お前もそのうちの一人になりたいのか?
このままFXを続けたら自殺は既定路線だ

引用元:2ちゃんねる-【USD/JPY】新ドル円16250【雑談コテ禁IP無】

FXで破産を理由に自殺する人はかなりい多いみたいですね。

774 :Trader@Live![sage]:2020/04/16(木) 17:43:14.63

もうやめとけ

FXなんて絶対勝てないようにできてるんだから

このままFX続けたらガチで死ぬぞ

111 :Trader@Live![sage]:2020/04/16(木) 18:42:23.86

為替で金だけじゃなく仕事、友達、全てを失って自殺したやつを知ってる

134 :Trader@Live![sage]:2020/04/16(木) 18:50:11.35

ビギナーズラックで1000万円勝ったことがすべての元凶だった

144 :Trader@Live![sage]:2020/04/16(木) 18:53:42.63

その後すべて溶かして、貯金400万円溶かして、キャッシングカードローン300万すべて溶かして、闇金に手を出して300万円溶かして、友人や会社まで取り立てが来るようなって会社を辞めて友人も離れて鬱になって自殺

引用元:2ちゃんねる-【断末魔】 兵どもの魂の叫び記録スレ★89 【走馬灯】

生活資金や借金に手を出してしまう所まで行くと非常に危険ですね。

602 :名無しさん@1周年:2020/04/21(火) 17:53:14.71

コロナ相場でFXで失敗して先月末に焼身自殺した人を知ってる。

家のローンはまだ助かるやろ。

引用元:2ちゃんねる-コロナショックで住宅ローン破綻 家を失いローンだけ残る ★7

コロナショックが原因で自殺してしまった人もいるみたいです…

ネット上での話を見てみると、残念ながらFXで破産・自殺してしまった人も少なくないようだ。

しかし、実際に破産・自殺してしまった人には、

  • 損切りができなかった…
  • 高いレバレッジで取引していた…
  • ビギナーズラックを実力と勘違いした…

など多くの共通点があり、自己管理さえできていれば破産を防ぐこともできたのだ。

彼らの失敗談を無駄にしないためにも、FXで破産しないか心配な方は、原因や対策法について理解しておこう。

2. FXで破産する3つの大きな原因

ネット上でのFXで破産・自殺してしまった人の話から、破産する最も大きな原因は3つ。

特に、借金や高いレバレッジでの取引は、自己管理を徹底すれば未然に防げる内容だ。

FXで破産してしまうことがないように、原因をしっかり理解しておこう。

原因1:為替の暴落

FXで破産するきっかけは、ほとんどが為替の暴落だ。

FXでは、為替が暴落することが多々あり、運悪く取引していた場合には大きく損失が発生する可能性も高い。

特に、レバレッジ取引をしている場合、ロスカット値を大きく下回る価格の急落には、

強制ロスカットが追いつかず、多額の追証(借金)が必要になるリスクも高い。

実際、レバレッジ取引をしていて一夜にして数百万もの借金が発生した場合もある。

正直、為替の暴落は事前に予測することが難しいので、タイミングが悪いとしか言えないが、

日頃から万が一の場合に備えて、暴落しても大丈夫なように対策しておくことが大切になるだろう。

原因2:高いレバレッジでの取引

為替暴落の際に、借金が発生してしまう理由はレバレッジ取引をしているからだ。

レバレッジ取引は、取引資金を数倍に増やしてトレードできることからも、大きな利益を狙うことができる、

しかし、その一方で、損失に関しても大きく発生してしまう。

そのため、為替が暴落した場合には、自分の持っている資金以上の損失が発生してしまい、追証(借金)が必要になる場合も。

そのため、万が一の場合を考えると高いレバレッジでの取引は非常に危険だ。

原因3:借金をしてFXを始めること

特に、FXで破産してしまう確率が高い原因が、FXを始めるために借金をした人だ。

FXでは、初心者が簡単に勝てるわけでは無く、稼げるようになるためには少なくとも3年以上の経験が必要と言われている。

そのため、初心者の頃はFXでの資金を全て溶かしてしまう人も多いのだ。

つまり、借金でFXを始めてしまった場合、借りた金額全てを溶かし返済に追われることにもなりかねない。

なので、FXは必ず自己資金を貯めてから始めるようにしよう。

3. FXで破産しないための5つの対策

FXで破産してしまう原因について理解したところで、破産しないための5つの対策法について説明する。

結論を言うと、FXはレバレッジをかけずに取引すれば破産する心配はないだろう。

その他にも、普段のトレードで破産しないための注意点についても説明する。

特に初心者は、安全に取引するためにも十分理解しておこう。

対策1:一定の損失で損切り必ずする

まず、FXで大損を防ぐために大切なのが損切りだ。

特に、一定の損失が出た場合に徹底して損切りすることができれば、無駄に資金を溶かすリスクは防げるだろう。

しかし、人間には「損をしたくない」という感情が強く、なかなか損切りできない人も多い。

そのため、なかなか損切りできない人は逆指値注文で、自動で損切りできる設定路あらかじめしておくと良いだろう。

対策2:レバレッジをかけずに取引する

FXで絶対に破産したくない方は、レバレッジをかけずに取引すれば自己資金以上の損失が出ることはないだろう。

しかし、レバレッジ無しで取引する場合には、最低でも10万円以上の資金が必要になるだろう。

さらに、借金をしてFXをすることもオススメできないため、自己資金を十分に持っている人にはオススメできるだろう。

対策3:生活資金や借金に手を出さない

前述した通り、FXで最も破産しやすい原因は借金でFXを始めることだ。

借金でFXを始めてしまうと、損失分を全て借金返済に当てる必要があるため危険。

そのため、FXを始めるためにはまず自己資金を貯めてから始めよう。

さらに、FXを自己資金で始めたが、資金を溶かし続け生活費にも手を出してしまう人もいる。

生活費を取引資金に使ってしまうことも借金の原因になるので、FXか必ず生活費と分けた余剰資金で取引するようにしよう。

対策4:なるべくポジションは持ち越さない

FXではチャート画面を確認していない時間の取引は危険だ。

特に、日跨ぎのポジション保有する場合には、睡眠時間などで取引から一旦離れる必要がある。

そのため、チャート画面を確認できない時間帯に価格が急変した場合には、対処できなくなってしまう。

なので、資金管理が苦手なうちは、なるべくポジションは持ち越さないほうが安全だろう。

対策5:「バルサラの破産確率」について理解する

バルサらの破産確率とは、

  • 勝率
  • 損益率
  • 資金比率(損失許容額)

3つの条件から破産確率を見抜くことができる計算方法だ。

具体的な計算方法としては、4つのステップで破産確率を導くことができる。

step1
勝率を計算

まず始めに勝率を計算する。

  • 勝ったトレード数 ÷ 総トレード数 × 100 = 勝率
step2
損益比率を計算

次に利益率・損失率を計算する。

まずは利益率を計算。

  • 総利益 ÷ 総トレード数 = 平均利益

次に損失率を計算。

  • 総損失 ÷ 総トレード数 = 平均損失

最後に利益率・損益率を平均し、損益比率を計算しよう。

  • 平均利益 ÷ 平均損失 = 損益比率
step3
資金率(損失許容額)を計算

最後に資金率を計算する。

資金率とは「1回の取引でいくらまでの損失なら許容できるか」と言う金額だ。

  • 損失の許容額 ÷ トレード総資産 × 100 = 資金率

という計算方法で導くことができる。

step4
表で破産確率を確認

最後に、計算結果から破産確率を確認しよう。

バルサラの破産確率

※上記は資金比率(損失許容額)2%を想定した場合の破産確率表

算出した勝率・損益比率の交わる部分があなたの破産確率だ。

破産確率が1%未満であれば、比較的安全なトレードがで来ていると言えるだろう。

もし、破産確率が1%以上になった場合は、なるべく0%を目指せるように取引を見直してみよう。

計算が面倒な場合は、こちらのサイトを利用してみても良いでしょう。数字を入力するだけで自動で破産確率を算出できます!

4. FXで多額の損失を負った場合は「自己破産」することもできる

結論から言うと、FXで破産・多額の借金を負った場合には「自己破産」を選択することも可能。

確かに、投資はギャンブルと同様とされることもあり、借金が免除されない「免責不許可事由」と言われることも。

しかし、基本的には裁判所が事情を考慮して免責を認める「裁量免責制度」があるため、免責が下りる場合が多い。

自己破産を選択するメリット
1. 全ての債務の支払い義務が免除される
2. 債権者の取り立てや訴訟提起ができなくなる

自己破産を選択するメリット大きく2つ。

特に、自己破産手続きを終え免責が下りれば、全ての借金の支払いが免除されることだ。

さらに、債権者から給料差し押さえ・取り立て・訴訟提起などの強制執行も停止することができる。

そのため、万が一、FXで多額の借金を負ってしまった場合には、自殺を考える前に自己破産を考えてみよう。

免責許可が下りれば、人生を復活させる事ができるかもしれない。

5. FXの自己破産で免責許可が下りない4つの条件

しかし、中には自己破産の免責許可が下りない場合もある。

免責許可が下りない可能性のある条件は4つ。

特に、過去7年間に自己破産を経験した人は免責許可が下りなくなってしまうので注意。

仮に、FXで借金を負い自己破産をしようと思っている方は、免責許可が下りるか確認しておこう。

条件1:3年以内に自力で返済できる

まず、自己破産ができる人は「借金の返済能力が無い人」のみに限定される。

そのため、少額の借金や自力で返済できる場合には、自己破産を選択することはできない。

目安としては、自力で3年以内に返済できるかどうかだ。

例えば、借金が800万あり、毎月手取り50万ある人であれば、3年以内に返済できる可能性もあり、自己破産はおそらくできない。

しかし、借金が800万あり、毎月手取り20万の人であれば、全額を返済に注ぎ込んでも3年以内に返済できないため、自己破産が選択できるだろう。

自己破産の目安に関しては、返済能力や手持ちの資産によっても違いがあるが、

誰でも免責許可が下りるわけではないことを理解しておこう。

条件2:過去7年間で自己破産した事がある

一度、自己破産をするとその後、7年間は再び自己破産をする事はできなくなっている。

前述したとおり、FXでの自己破産は、裁判所の裁量によって免責許可が下りる「裁量免責制度」があるため、自己破産できる場合も多い。

しかし、一度目の自己破産から、7年以内に再度破産してしまうと「反省の色が見られない」と認識され免責許可が下りない可能性が高くなります。

そのため、一度、FXで自己破産をしてしまった場合には、二度と投資に手を出さないほうが安全だろう。

条件3:自己破産の手続き中に投資をしたことがある

中には、自己破産の手続き中に免責許可が下りなくなってしまう条件もある。

特に、破産手続き中に投資を行うことはNG。

FXで破産してしまう人には、取引が依存症になっている人もいるため要注意だ。

自己破産後に、再び借金をする可能性を疑われ免責許可が下りなくなるため、投資やギャンブルには手を出さないように気をつけよう。

条件4:クレジットカードで現金化をしたことがある

さらに、自己破産の申し立て前に、クレジットカードで現金化をした人も免責許可が下りない可能性が高い。

クレジットカードの現金化とは、クレジットで購入した商品を売り、現金に変える方法。

クレジットの現金化をしてしまうと高確率で財産隠しを疑われることになる。

そのため、破産申し立て前に、分割やローンで購入した商品をお金に変えることは絶対にしないように気をつけよう。

6. FXの自己破産で免責許可が下りなかった場合は「個人再生」を利用しよう

自己破産と個人再生の違い

自己破産 個人再生
借金 返済義務ナシ 5分の1程度に軽減される
財産 高価な財産は処分される 財産は処分されない
資格制限 手続中の資格制限アリ 資格制限ナシ
手続き期間 約3~6ヵ月間 約6ヵ月間

個人再生とは、財産を維持したまま借金を大幅に減額し、3年分割で返済する手続きだ。

もし、FXで破産し免責許可が下りなかった場合には「個人再生」を利用すると良いだろう。

個人再生を利用するためには3つの条件が必要だ。

  • 住宅ローンを除く借金が5,000万円以下
  • 返済不能になる可能性がある人
  • 継続して収入がを得ている人

自己破産と違い借金が全額免除になるわけでは無いが、

借金の大幅な軽減や、財産処分がされないというメリットを受けられるだろう。

7. FXで自己破産する方法・5つのステップ

自己破産をするためには、まず弁護士に依頼をすることが必要だ。

その後、申立や自己破産手続きなどを行い、約3〜6ヶ月で免責許可・不許可が決定する。

具体的に、自己破産手続きまでの流れは5つのステップだ。

step1
弁護士への相談・依頼

まずは、自己破産手続きを進めるために弁護士へ相談しよう。

弁護士と相談することで法律上、自己破産が可能かどうか、債務整理の方法などを決めることができる。

弁護士へ相談・依頼する際には、裁判所等でお金の出入りを詳しく調べられるため、隠し事は一切せず正しい情報を提供しよう。

step2
弁護士が債権者へ受任通知を送付

自己破産を依頼すると、弁護士が債権者へ代理人になったことを通知する文書「受任通知」を送付する。

これにより、債権者は債務者と直接的なやりとりはできなくなる。

step3
申立の必要書類を準備

次に、申立てに備え、必要書類の準備を行う。

  • 自己破産申立書
  • 免責許可申立書
  • 住民票・戸籍謄本
  • 債権者一覧表
  • 財産目録
  • 陳述書
  • 預金通帳のコピー(直近2ヶ月の記録)
  • 給与明細書など収入がわかる資料
  • 源泉徴収票・課税(非課税)証明書
  • その他、説明で必要になる資料

などの書類が必要になり、不備がないようにしっかりと準備をしよう。

step4
申立て

自己破産の申立てに必要な書類を準備したら、居住地管轄の地方裁判所へ提出する。

書類を提出すると裁判所は自己破産を認めるかどうか審理を開始する。

審理ではまず、開始前審尋と呼ばれる、裁判官が債務者へ

  • 借金が膨らんだ理由
  • 弁済が不可能なのか
  • 財産がいくらあるのか

など質問されるため、基本的に債務者本人の裁判所への出頭が必要になる。

step5
自己破産手続きを開始

破産審尋の結果に問題がなければ、破産手続きが開始される。

特に、破産手続きには、財産を隠す・売り払う行為や、虚偽報告をすると免責が下りなくなってしまうので、真摯に向き合うようにしよう。

8. FXで自己破産を選択する4つのデメリット

自己破産をしてしまうと、法律上、様々な制限がかかることになる。

  1. 財産を処分される
  2. 保証人に請求が来る場合も
  3. ブラックリストに登録される
  4. 特定の資格・仕事に制限がかかる

特に大きなデメリットは4つ。

正直に言うと、4つのデメリットをどうしても苦に感じる方は、自己破産よりも「個人再生」を選んだほうが良いかもしれない。

あなたが本当に自己破産を選択すべきか、デメリットから判断してみよう。

デメリット1:財産を処分される

自己破産をする最も大きなデメリットは、

  • 99万円以上の現金
  • 不動産(家・土地など)
  • 20万円を超える財産(車、証券、預貯金、貴金属、保険解約払戻金など)

持っている財産をほぼ全て失ってしまうことだ。

もちろん、財産は全て処分されるわけでは無く、高価でない生活に最低限必要な物は残される。

そのため、どうしても失いたくないがある場合には、個人再生で時間をかけても返済するほうが良いかもしれない。

デメリット2:保証人に請求が来る場合も

自己破産をしてしまうと、保証人にも支払い義務が発生するケースもある。

そのため、借金が大きければ保証人も破産してしまう場合だってあり得る。

保証人である親や妻などに迷惑をかけたくない方は、自己破産を選択しないほうが信頼関係を保てるかもしれない。

デメリット3:ブラックリストに登録される

自己破産をしてしまうと、信用情報機関に使命や住所などがブラックリストとして登録されることとなる。

そのため、ブラックリストに載ってしまうと、

  • 借入ができない
  • ローンが組めなくなる
  • 分割払いができなくなる
  • 他人の保証人になれない
  • クレジットカードが作れなくなる

など、様々なデメリットが発生してしまうことになる。

ブラックリストに関しては長くて10年以内には解除されることになるが、最低でも5年は生活に支障が出ることを覚悟しておくべきだ。

デメリット4:特定の資格・仕事に制限がかかる

自己破産手続き中には、免責決定が下りるまで

  • 士業
  • 警備員
  • お金を扱う資格や職業

などの、一部の職業に就けなくなるというデメリットもある。

自己破産手続きがうまくいき、免責許可が下りれば資格制限はなくなるので、

業務停止に該当する職に就いている方は、職場とのトラブルを防ぐためにも、自己破産したことをしっかり伝えておくべきだ。

まとめ|FXで自殺する前に自己破産・個人再生を考えてみよう!

ネット上での話を聞くと、FXで破産・自殺した人も少なくないようだ。

そのため、FXに興味がある人の中には、破産が心配でなかなか始められない人もいるだろう。

結論から言うと、FXで破産しないためには3つの原因5つの対策についてしっかり理解しておけば心配はない。

特に、初心者は安全に取引するためにも、絶対にFXを借金で始めないことは守るようにしよう。

また、最悪FXで破産したしまった場合には、自殺を考える前に自己破産を検討してみるべきだ。

もちろん、自己破産をすることにもデメリットはあるが、借金が全額免状できることからも人生を再スタートできるかもしれない。

どうしても自己破産のデメリットを苦に感じる方は、「個人再生」も視野に入れて見てもいいだろう。

この記事を最後まで読んだあなたが、FXで破産・自殺してしまわないための対策法を知り、安全に取引をすることができれば幸いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です