運営者の想い「情報商材に騙された私が、大切なたった1つのことに気づくまで」

FXで損切りしないで勝つ2つの極意!初心者の大損を防ぐ3つの対策法!

損切りしない勝てる手法が知りたい!
損切りしなかったらどうなるかが知りたい!
今の自分は損切りすべきか判断したい!

FXにおいて損切りをしない、勝てる手法が知りたいと思っているあなた。

FXで損切りせずに勝つためには、2つのトレード手法を理解しておく必要がある。

またこの記事では損切りしない3つのリスクと、損切りが必要かどうか判断できる2つの方法について解説する。

損切りの理解が及んでいないと、目を離している間にロスカットされてしまう。そうならないよう予め理解しておこう。

1. 損切りせずに勝つための2大取引手法!

損切りしないで勝てる手法は以下の2つだ。

この2つの取引手法を活用することで、損切りすることなく利益を得られる可能性が高くなる。

資金に余裕がある場合は是非試してみて欲しい。

損切りしない手法1:金利狙いの超長期トレード

損切りせずに勝ちたいのなら、金利狙いの超長期トレードを行うとよいだろう。

FXではポジションを保有したまま日をまたぐと、スワップ金利と呼ばれる通貨金利が付与される。

またスワップ金利による利益のみならず、値動きによる利益が発生した時に利確すれば利益が見込める。

ただし大きな値動きに備えて、取引量やレバレッジは低めに抑えておこう。

損切りしない手法2:低ロット・低レバレッジトレード

損切りせずに勝てるもう一つの手法は、低ロット・低レバレッジのトレードだ。

取引期間に関わらず、低ロット低レバレッジでポジションを保有しておく。

そうすれば大きな値動きによる損失にも耐えられる。

大きな損失に耐えられるということは、損失が出ている状態でも利確のタイミングを待つことができる。

したがって損失が出ている間はポジションを放置しておき、十分な利益が発生したら利確するとよい。

ただし取引数量やレバレッジは、直近1年間の上下幅(目安は1000pip)に耐えられる程度にしておく必要がある。

取引する際のポジションの大きさのこと。注文する際に、ロット数として表示される。
少ない資金で多くの通貨を保有するための制度。

日本国内では所持金に対して25倍までの通貨が保有できる。

したがって5万円で125万円分の通貨が取引可能。

2. 損切りを忘れて大損する前に!確認しておきたい3つのリスク!

損切りをしないとどうなるかを理解するためには、以下の3つを確認しておこう。

ここを読めば、損切りがなぜ重要なのか、よく理解できるはずだ。

もしも損切りが必要ないと考えているのなら、考えを改めてほしい。

損切りしないリスク1:目を離した隙に追証が発生してしまう

損切りをしないリスクの一つは、目を離している間に追証が発生する可能性があることだ。

損切りをしないと大きな値動きで含み損が発生し、追証まで発生するリスクがある。

さらに追証は外出時や睡眠中など、相場から目を離している間に発生する可能性がある。

追証の発生に気づかずにポジションを放置しておくと、24時間以内にロスカットされてしまうため注意が必要だ。

ポジションの保有に必要な証拠金が足らなくなってしまうことで発生する、追加入金義務。

追証発生後24時間以内に入金しないと、ロスカットが発生し全てのポジションが強制的に決済されてしまう。

損切りしないリスク2:引くに引けなくなり結局ロスカットされてしまう

含み損が出ているポジションを損切りせずに保有する場合、利益が出るまで待たなくてはいけない。

したがって、「損が出ている状態では決済したくない」という心理が強く働く。

含み損が出ている状態で決済を渋ると、ロスカットラインが近づいていても損切りができなくなってしまう。

その結果資金不足となり、価格がロスカットラインに到達してしまう。

ポジション保有に必要な金額の不足し、FX業者によってポジションが強制的に決済されてしまうこと。

ポジションの保有に使用していた資金がすべてなくなるため、場合によっては資金がゼロになる。

損切りしないリスク3:証拠金が足らずに勝てる場面で取引不可能になってしまう

損切りをしなければ含み損を長時間抱える可能性が高い。

また損切りをしない場合、一時的であっても含み損が大きくなる事もある。

含み損が膨らんでいるということは余剰証拠金が減っている。

したがっても新しくポジションを持つことが出来なくなる。

その結果、勝てる場面で勝負できず、勝ちを逃してしまうことになる。

ポジション保有に使用可能な、余っている資金。

3. 損切りが必要か判断できる2つの条件!

今のあなたに損切りが必要かどうかを判断するためには、以下の条件に当てはまるかどうか確認しよう。

これらの条件に当てはまる場合は、必ず損切りをするようにして欲しい。

損切りが必要な条件1:初心者である場合は損切り注文を入れる

初心者は上級者とは違って、ポジションや資金を上手に管理できない。

そのため上級者のような、両建て・ナンピン・損切りなし、などの取引をすると、簡単に資金が底をつく。

したがって初心者は安全第一に行動し、必ず損切りラインに逆指値決済を入れるようにする。

指定価格を下回ると売り、上回ると買いをする決済方式。

損切りに使われる。

損切りが必要な条件2:1000pipsの変動に耐えられない場合は損切り注文を入れる

口座資金が1000pips程度の変動に耐えられないと、大きな変動でロスカットされてしまう可能性がある。

1000pipsの変動は簡単に起きないと考えているかも知れないが、1000pips以上の変動は何度も起きている。

2015年1月15日、スイス国立銀行の政策変更が引き起こした相場の大変動。

わずか20分間で2000pips以上もの変動が起きた。

その結果多くのFX業者で取引が不可能となり、損切りできないまま追加入金義務を負わされるトレーダーが続出した。
2020年3月9日、新型コロナウイルスの影響によって世界経済に混乱が起きた。

その結果米ドル円は101.171円まで下がった。

これは2週間前と比較して1000pips以上もの値下げとなる。

さらにその後2週間で110円まで戻した。

つまりわずか1ヶ月で2000pips以上もの上下が起きた。

したがって1000pipsの変動は決して珍しくない程度の値動きなのだ。

そのため1000pips程度の変動に耐えられないようなら、含み損によってロスカットされるため損切りを行うべきだ。

まとめ|損切りしなくても良い人でも損切りラインを決めておく

損切りはいざというときの備えになる。

また無駄な損失の拡大を防ぐために必要な行動だ。

したがって損失に耐えられる程度のポジションしか保有していないとしても、損切りの逆指値決済は入れておくようにしよう。

損切りの逆指値決済を行うためには、あなたのポジションにとって適切な損切りラインを見つける必要がある。

損切りラインの決め方については以下の記事で詳しく解説しているため、参考にして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です