運営者の想い「情報商材に騙された私が、大切なたった1つのことに気づくまで」

レンジ相場で稼ぐシンプルな2つの手法!勝利に必須なテクニック7選!

・レンジ相場で稼ぐ方法が知りたい…
・レンジ相場が発生しやすい通貨や時間帯は?

・レンジ相場での「ダマシ」ってどうやって回避するの?

レンジ相場で稼ぐ方法が知りたいあなた。

結論から言うと、レンジ相場で勝つためのカギは3つ。

レンジ相場は、コツを理解していれば稼げる確率は高いと言えども、

指標の使い方を間違えたりダマシに引っかかってしまうと、一瞬で資産を溶かすことにも繋がるので注意が必要だ。

そのためこの記事では、レンジ相場で資産を溶かすリスクを避け、上手に稼ぎ続けるコツをわかりやすく解説している。

最後まで読めば、初心者でもレンジ相場で効果的に稼ぐ方法について理解できるだろう。

1. レンジ相場とは値動きが一定の価格帯を行き来する相場

レンジ相場とは、値動きが一定の価格帯を行き来する相場。

レンジとは英語で特定の領域・範囲を意味する。

したがって、FXにおけるレンジとは上値と底値で作られる領域を意味するのだ。

またレンジ相場は、流動性が高過ぎず低過ぎず、安定した通貨によく見られる性質がある。

2. FXでのレンジ相場の4つの特徴

レンジ相場は、FXの相場で全体の約7割を占めると言われている。

そのためレンジ相場で戦う方法を身につけておけば、かなりの収益を期待することもできるだろう。

しかし、事前にレンジ相場の特徴を理解していなければ、相場の流れに乗ることは不可能

そのため、レンジ相場で稼ぐにあたって理解しておくべき、4つの特徴を説明する。

特徴1:相場は必ずブレイクする

レンジ相場は必ずブレイクする。

レンジの上値もしくは底値のどちらかを、相場が突き抜ける動きのこと

通貨は大口の機関投資家などによって資産として運用されている。

そのため価値が下がると予測されると売られ、価値が上がると予測されれば買われる。

このような大口投資家の売買による相場の値動きは短期売買しかしないトレーダーよりもはるかに大きい。

したがって、相場が短期的にレンジを形成していても、個人投資家の動きとは無関係に、それも簡単にブレイクが起てしまう。

指標発表や経済情勢が大きく変化した際には、この動きは顕著に現れる。

特徴2:ブレイクでトレンド相場になる

レンジ相場では必ずブレイクが起こる。

レンジ相場でブレイクが起きると、大きく値動きが上下する。

そして相場は次のレンジの底値もしくは上値となる場所を探して動き続ける。

したがって、次の底値上値を探す動きがトレンド相場の形成へと繋がるのだ。

特徴3:ブレイクした時にダマシが発生する

レンジ相場でのブレイクは大きな値動きの上下へと繋がる。

そのため、ブレイクした瞬間にブレイク方向に注文を入れることで、大きな利益が期待できる…

がしかし、ブレイクにはレンジ相場における最大の罠「ダマシ」の発生が高いのだ。

ダマシとは、レンジブレイクが起きた直後、ブレイク方向とは逆に相場が動き出すことだ。

このダマシでは初心者が大口投資家に狩られてしまうため注意したい。

  1. 大口による戻し
  2. 損切り注文など一時的な注文の急増
  3. ダマシを先読みした投資家による注文

「だましの回避方法」は以下でも解説!

特徴4:レンジの幅と期間でブレイクの大きさがわかる

レンジ相場の幅と期間は、ブレイクした時の幅と期間に比例する

  • レンジ幅が大きい=ブレイク幅が大きくなる
  • レンジの継続期間が長い=ブレイクした時の継続期間が長くなる

したがってレンジ相場ではブレイクするまでのエネルギーが蓄積されていると考えて良い。

またレンジ幅と期間からブレイク後の爆発を先読みし、予め注文を多く出しておくのも賢い戦略だ。

3. FXのレンジ相場で稼ぐ2つのトレード手法

レンジ相場では稼ぐためには以下の手法が有効だ。

これらの手法は初心者でも使いやすいため、是非トレードの参考にしてもらいたい。

手法1:逆張り反転狙い

レンジ相場は上下のラインを行き来する。

したがって予め上値底値での反転を予測し、反転する直前で逆張り注文を行う

トレンド方向と逆方向に注文を入れること

そうすることで読みが当たった時の利益を最大化できる。

ただし読みが外れた場合に大きな損失が出てしまうため、予め損切りラインを設定しておこう。

損切りラインはダマシの可能性を考慮して、上値底値よりも少し離れた場所においておこう。

手法2:レンジブレイク狙い

レンジ相場は上下するだけでなく、ブレイクによって大きな値動きが起こる。

このブレイクによる値動きの幅を利益にするための手法が、レンジブレイク狙いだ。

この手法は逆張り反転狙いとは真逆で、反転の直前で順張り注文をする。

トレンド方向と同方向に注文を入れること

そうすることでレンジブレイクが起きた時の利益を最大化できる。

ただしブレイクの読みが外れてしまっても大丈夫なように、予め損切りラインを設定しておこう。

損切りラインの目安は上値底値よりも少し離れた場所が安全だ。

4. FXのレンジ相場で使える2つのテクニカル指標

レンジ相場では反転狙いとブレイク狙いが有効だ。

しかし、テクニカル指標を利用することで更にトレードの優位性を高めることができる。

以下がレンジ相場における取引の優位性を高めてくれる2つの指標だ。

テクニカル指標1:RCI

RCIはオシレーター系指標の一つだ。

相場の売られすぎ買われ過ぎをひと目で分かるようにグラフと数値で示してくれる。

そのためトレンドには疎いがレンジ相場の動きを読むのには便利だ。

数値と売買量の関係は、30%=売られすぎ、70%=買われすぎが一般的だ。

売られすぎ買われ過ぎの数値が変わらずに、上値底値に到達できなくなるとブレイクの可能性が高くなる

したがってレンジを見て取引するだけでなく、RCIの買われすぎ売られ過ぎの数値も並行して確認しよう。

テクニカル指標2:ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線に標準偏差を盛り込んだバンドだ。

ボリンジャーバンドでは通常、95%の価格が±2σ内で推移すると考えられている。

したがってレンジを形成する値動きが2σをブレイクすると、大きくトレンドが形成される事が多い。

特に終値が2σをブレイクすると、ブレイクしたラインを土台として大きく相場が動き出す。

そのためレンジ相場でボリンジャーバンドを使う際には、2σに触れるとブレイクが起きる可能性が大きい事を頭に入れて利用したい。

5. FXのレンジ相場でダマシを回避するには長期トレンドに乗る

レンジ相場にダマシはつきものだが、ダマシは大損のリスクに繋がる。

ダマシを避けるためには長期トレンドの方向にエントリーを絞ろう。

反転やレンジブレイクを狙う場合でも、長期足のトレンド方向のみに注文を限定する

長期足のトレンドは短期足のトレンドよりも勢いがあるため、短期足のレンジブレイクは長期足のトレンド方向になる可能性が高い。

したがってダマシの回避率をあげるためには、よりブレイクの可能性が高い長期足のトレンド方向に注文を限定しよう。

6. FXでレンジ相場の多い3つの通貨ペア

FXで特にレンジ相場が発生しやすい通貨ペアは3つ。

  • 米ドル/円
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル

レンジ相場は安定している通貨によく見られる相場だ。

したがって最もレンジ相場が多く現れるのは、米ドル円だ。

米ドル円は通貨ペアの中でも最も信頼されており、投資目的での保有期間が多い。

したがって、少しの売買ではトレンドが起きにくく、レンジ相場が形成されやすいのだ。

また豪ドル/米ドルや、NZドル/米ドルもレンジ相場が形成されやすい。

ただしスプレッドが広がったり、相場が不安定になる場合があるため、初心者は米ドル円での取引がオススメだ。

7. レンジ相場が多い2つの時間帯

レンジ相場が多い通貨は米ドル円だが、レンジ相場の出来やすさは時間も関係している。

ボラティリティが安定している時間帯はレンジ相場が形成されやすい

相場の流動性のこと。流動性が高いと値動きの上下が激しくなる。

ボラティリティが安定しているレンジ相場が形成されやすい時間帯は以下の2つだ。

時間帯1:東京時間

東京市場は日本時間午前9時にオープンし、午後5時にクローズする。

ロンドン市場やNY市場は動きが活発で相場が動きやすい。

しかし東京時間がオープンしている間はロンドン市場やNY市場が閉まっている。

したがって東京時間における相場の流動性はロンドン時間やNY時間に比べて緩やかになり、レンジ相場を形成しやすい

時間帯2:ニューヨーク時間の後場

ニューヨーク市場は日本時間午前0時にオープンし、午前7時にクローズする。

ニューヨーク市場と同時にオープンになっている市場は相場の動きが活発なロンドン時間だ。

ロンドン市場は日本時間午後5時にオープンし、翌深夜1時にクローズする。

したがってロンドン市場がクローズした後の深夜1時からは、NY市場のみのオープンとなる。

またニューヨーク時間が営業日の終わりとして扱われることもあり、ニューヨーク時間の後場深夜1時からは流動性が落ちる

そのため深夜1時から午前6時までの間は市場がレンジを形成しやすくなる。

まとめ|レンジ相場の特徴を理解する事が勝利のカギ

レンジ相場は相場の7割を占めるとも言われており、レンジ相場で勝てるようになればかなりの収益が見込める。

レンジ相場にはブレイクという上値底値を突き破る現象が必ず起き、ブレイク発生後はトレンド相場に一転する。

ただしこの時ダマシと呼ばれる相場の逆行現象が起きることもあるため注意が必要だが、長期トレンドに合わせると回避できる確率が高まる。

レンジではRCIやボリンジャーバンドを利用することで、反転狙いの逆張りや、レンジブレイク狙いの順張りの成功率を高められる

またレンジ相場を積極的に狙いたい場合は、東京時間やニューヨーク時間の後場に米ドル円でトレードするとよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です