運営者の想い「情報商材に騙された私が、大切なたった1つのことに気づくまで」

専業トレーダーになるには?向いてる3タイプと目指す4つの難点

  • 専業トレーダーになるためには?
  • 初心者でも専業トレーダーを目指せる?
  • 実際の専業トレーダーの意見が知りたい…
  • どんな人が専業トレーダーに向いているの?

FXで専業トレーダーを目指そうとしているあなた。

結論から言うと、専業トレーダーへの道はかなり険しく大きなリスクを背負う必要もある。

この記事では、実際の専業トレーダーの意見から、

について詳しく解説している。

正直に言うと、FXに情熱が注げる注げる人でなければ、兼業として副収入を得る方がオススメできるだろう。

この記事を最後まで読めば、あなたが本当にFXの専業トレーダーを目指すべきなのか判断できるだろう。

1. FXの専業トレーダーのネット上での意見

専業トレーダーの方でも「専業はオススメできない」と言う人が多いですね。

専業トレーダーへの道は決して甘いものではありませんね…

専業トレーダーは特に時間の使い方が大切との意見もあります。

専業になれば自由な時間も増えますが、時間があれば成功できると言うわけではありません。

どんなに勝ちにくい相場でも、付き合っていく意志が必要になりますね。

利益を出すことよりも「いかに損失を抑えるか」が大事になりますね。

専業トレーダーとは、その名の通りFXの利益のみで生活する人だ。

専業トレーダーになれば「楽に稼げる」「自由な生活が手に入る」と思われがちだが、

実際の専業トレーダーの意見はそれほど生温いものではない。

多くの専業トレーダーが、稼げるようになるまでの苦労や大失敗を語っている。

さらに、専業トレーダーを目指そうとして、破産したり大切な家族との時間を失った人もいる。

そのため、安易に専業トレーダーを目指そうとすることは危険だ。

1-2. 専業トレーダーの生活

それでは、実際の専業トレーダーは一体どんな生活を送っているのか。

YouTubeで専業トレーダーの生活に関する動画を探してみた。

すると、ほとんどの専業トレーダーの生活は「自由」という言葉から程遠く、1日中相場と向き合う日々のようだ。

そのため、大前提として専業トレーダーになるためには「相場を見る事が好き」という性格でなければ難しいだろう。

2. 専業トレーダーになる4つのデメリット

ネット上で様々な専業トレーダー達の意見を見て感じた、専業トレーダーを目指すデメリットは4つ。

どのデメリットも、実際の専業トレーダーが体感した共通点。

そのため、専業トレーダーを目指す人は4つのデメリットについて理解しておく必要があるだろう。

デメリット1:収入が不安定になる

専業トレーダーの一番の懸念点は、収入が不安定になる可能性が高いことだ。

専業トレーダーは、サラリーマンのように毎日決められた仕事をこなせば給料がもらえるわけではなく、

どんな相場でも、FXで勝ち続けなければ収入はもらえない。

さらに、FXの為替は毎日規則的な動きをしているわけではなく、円高・円安、国境を超えたお金の動きなど、不規則な動きをしている。

そのため、どんなに高性能なプログラムやAIを利用しても100%相場を読むことは不可能。

そんな中でも、専業トレーダーはFXの収益のみで生活する必要があるため、安定的に稼ぐことは至難の技だ。

どんなに稼いでいる億トレーダーでも、FXで大損する時もあることから覚悟が必要になるだろう。

デメリット2:健康に影響が出ることも

専業トレーダーになると、1日の生活を相場に縛られることになる。

そのため、深夜や早朝など時間を問わずチャンスがあれば取引するというトレーダーも多い。

さらに、パソコンの前に張り付いている時間も長いため、運動不足や食生活への影響も心配だ。

有名な億トレーダーでも、体調を崩し入院する事があると言っていたことからも、健康管理が重要になるだろう。

デメリット4:社会的信頼性が低くなる

専業トレーダーになると、無職として扱われるため社会的信頼性が低くなるデメリットもある。

そのため専業トレーダーでは、

  • 周りの人に受け入れてもらえない
  • 賃貸の契約ができない
  • 再就職が困難になる
  • 結婚できない

など、様々な悩みを抱えている人も多いようだ。

そのため、よほどFXで稼げている人以外は、兼業トレーダーである方が将来的なメリットは大きいかもしれない。

デメリット3:精神的不安定になりやすい

さらに専業トレーダーには、

  • FXで結果が出せないと生きていけない
  • 忍耐強くPCとにらめっこする
  • 一人で孤独に戦う

など、様々なプレッシャーやストレスを感じる場面が多いので、精神的なダメージを受けやすいというデメリットもある。

特に、専業トレーダーは生活を100%FXの利益で支えられているため、「必ず利益を出さなければいけない」というプレッシャーが凄いそうだ。

さらに、FXでは「メンタルが強くなければ稼げない」と言われている通り、

プレッシャーに押し潰されてしまうと、どんどん稼げなくなってしまうリスクもあるようだ。

そのため、よほどメンタルが強くなければ、FXは兼業で安定した収入をもらいながら取引した方が良いだろう。

3. 専業トレーダーに向いている3人のタイプ

ネット上での意見から、専業トレーダーをオススメできるタイプは3人。

特に、「三度の飯よりも相場を見る事が好き」というくらいの気持ちがなければ、専業トレーダーを目指すことは難しいだろう。

さらに、現実的にFXの取引に資金を十分に回せるかどうかも大切になる。

FXで専業トレーダーを目指そうと考えている人は、3人のタイプに当てはまるかどうか確認してみよう。

タイプ1:相場を見る事が好きな人

正直、専業トレーダーは相場を見る事が本当に好きな人以外目指すことは難しいだろう。

専業トレーダーになれば1日中、相場と向き合う必要がある。

そのため、

  • 投資が本当に好き
  • 相場を見続けても平気
  • FXで稼ぐという強い意志がある

というように強い情熱がなければ継続できないだろう。

そのため、専業トレーダーを目指そうとしている方は、今一度、FX漬けの生活が続いても平気かどうか確かめておこう。

タイプ2:資金を十分に準備している人

専業トレーダーになるためには十分な資金が必要だ。

必要資金については諸説あるが「1000万円以上」「年収の2年分以上」など言われる事が多く、かなりの資金力が必要になることは間違いない。

さらに、FXの資金とは別に、最低でも半年間、収入が無くても生活できるくらいの貯金も必要になるだろう。

FXの場合、資金を溶かしてしまう可能性も高いので、なるべく多くの資金を準備しておいた方が安全だ。

タイプ3:日常生活で支出が少ない人

さらに、専業トレーダーとしてFX一本で稼ぐためには、なるべく資金を取引に回せる環境が好ましいだろう。

特に、

  • 実家暮らし
  • 結婚していない
  • 借金やローンが無い

日常生活で支出が少なく、FXに資金を投資できる人が有利になるだろう。

もちろん、上記に該当しない人でも専業トレーダーを目指すことはできるが、

支出分を稼ぎ続ける事ができなければ負担が大きく感じてしまうだろう。

4. 初心者が専業トレーダーになるために必要な6つのステップ

初心者から専業トレーダーになるために最低でも必要なステップは6つ。

FXの専業トレーダーを目指している方は、全てのステップをクリアできているかどうか確認しておこう。

step1
FXについて基礎知識を完全に理解

まず、FXの基礎知識についてしっかりと学び、どんな相場でも対応できる知識をつける事が大切だ。

FXでは経験が大事という意見も多いが、初心者が知識なくお金をかけて取引することは危険。

大損するリスクを抑えるためにも、基礎知識は必ず抑えておこう。

step2
トレード経験を積む

FXの知識をしっかり理解した上で、実際にトレード経験を積んでみよう。

特に初心者の場合は、利益を狙うのではなく、経験を重ねることを目的に少額から安全に取引がオススメだ。

そして、様々な相場に挑戦し取引をトレードノートにしっかり記録しよう。

step3
トレードの分析・検証を繰り返し勝てる手法を組み立てる

取引のコツや相場の流れをある程度、読めるようになったら実際に利益を狙ってトレードしてみよう。

そして、実際のトレードの分析・検証を繰り返し、自分自身で勝てる手法を編み出そう。

FXのテクニカル分析で100pips稼ぐには?初心者が知っておくべき6箇条!<[/box] [/tl]
step4
資金管理を徹底する

実際に、FXである程度勝てるようになればより大きな利益を狙い、次第に取引額も増えていくだろう。

そうなると、損失に関しても多く発生してしまう可能性が高まる。

そのため、大損してしまわないためにも資金管理を徹底する事が大事になるだろう。

step5
メンタルを徹底的に鍛える

FXでは「メンタルの強さが最重要」と言われている通り、

専業トレーダーになるためには、利益・損失に感情を振り回されない精神力が必要になる。

専業トレーダーを目指す以上、どんな状況でも相場と戦っていかなければいけない。

そのため、モチベーション維持やメンタル管理方法についても勉強しておくべきだ。

step6
FXで安定的に利益が得られるようになった

最後に、専業トレーダーになるために一番大切な条件が「FXで本業超える利益が得られている事」だ。

FXで十分に稼げていないのに専業を目指すことは危険。

しっかりと継続して結果が出せるようになった上で、専業にシフトしても遅くはないはずだ。

5. 専業トレーダーを目指す際には高いレバレッジでの取引に注意!

FXの専業トレーダーを目指す上で注意すべき事が、高いレバレッジでの取引だ。

もちろん高いレバレッジで取引すれば、大きなリターンを望むこともできるが、

大口での取引でレバレッジをかけるとロスカットで資金を一瞬で失うこともあり得る。

大切なことは一回の取引で大きな金額を狙うのではなく、安定して利益を積み重ねること。

ギャンブルトレードで稼いだとしても、一発退場してしまうリスクが高いので注意しよう。

6. 専業トレーダーのオススメブログ3選

実際に、専業トレーダーとして生きる人たちは、どのような困難に立ち向かっているのか。

参考までに、実際に専業トレーダーのリアルなブログを3つ紹介しておく。

ブログを見てみると、大きく損失が発生した日やメンタルがやられたとの記録もある。

そのため、専業トレーダーになった後でも、様々な苦労は待ち受けることになるだろう。

まとめ|専業トレーダーになった後にも苦労は尽きない

実際の専業トレーダーの意見から、FXで専業を目指すことをオススメできるのは「FXに本気で情熱を注げる自信のある人」のみだ。

さらに、現実的な環境を考えると「多額の取引資金」や「支出が少ない生活」も必要になるだろう。

そのため、専業トレーダーは誰もが気軽に目指せるものではないということを理解してほしい。

それでも本気でFXの専業トレーダーを目指そうとしている人は、少なくとも「6つのステップ」をクリアすることから始めよう。

さらに、専業トレーダーになった後にも様々な苦労が待ち受けることになるだろう。

この記事を最後まで読み、デメリットを十分理解した上で専業トレーダーを目指したいと思えるのであれば、

もしかしたら、あなたは専業を目指すことに向いているかもしれない。

しかし、「専業トレーダーになるのは難しい」と感じたのであれば、兼業でFXを続けることをオススメする。

この記事を最後まで読んだあなたが、本当にFXで専業トレーダーを目指すべきか判断できれば幸いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です